<予防医療×フェス> YOBO Fes!!

~楽しみながら予防医療を学んでもらいたい!~

集まった支援総額:81,000円(税込)

24%
  • 目標35万円
  • 残り11

プロジェクトを支援する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

「支援」とは?-クラウドファンディングサイト「Fanfare」の仕組みについて-
※YOBO FESは8月4日(日)16時~ラウンジネオ(東京都渋谷区道玄坂2-21-7)で実施します! 

1,000円:
「お礼メッセージ」フェス運営メンバーから感謝の気持ちを込めたメッセージをお送りします。
3,000円:「フェス懇親会参加券(飲食費別途)」フェス運営スタッフも参加する懇親会(飲み会)に参加できます。東京都内で6月頃開催予定(フェス前に行います)。
3,500円:「お礼メッセージ」と「フェスレポート」をお送りします。
4,000円:「フェス参加券(ワンドリンク付き)」『YOBO FES』に無条件で参加できます。
4,500円:「フェス参加券付き検査キット『プ』」予防医療普及協会が販売している大腸がん検査キットとフェス参加券付きのリターンです(フェス入場時検査したかどうかのチェックはしません)。
5,000円:「フェス参加券付き検査キット『ピ』」予防医療普及協会が販売している胃がんなどの原因といわれるピロリ菌の検査キットとフェス参加券付きのリターンです(フェス入場時検査したかどうかのチェックはしません)。
7,500円:「フェス参加券付き検査キット『パ』」予防医療普及協会が販売している子宮頚がんなどの原因とされるヒトパピローマウイルス(HPV)の検査キットとフェス参加券付きのリターンです(フェス入場時検査したかどうかのチェックはしません)。
10,000円:「フェス当日スタッフ券」YOBO FESにスタッフとして参加できます。受付や誘導、協会展示ブース担当などともにフェスを盛り上げましょう。フェススタッフTシャツもお渡しします。※お任せする内容は面接で決めます。面接、フェスとも東京都内で行いますので、それを踏まえたうえで支援お願いいたします。
20,000円:「フェス運営サポーター」YOBO FESに運営メンバーとして参加できます。フェスの構成、盛り上げ方など、どのようにして有意義なフェスにしていくか、ともに作り上げていきましょう。テレビ会議などもする予定です。フェススタッフTシャツもお渡しします。※連絡のやりとりはFacebookメッセンジャーで行いますが、フェスは東京都内で行いますので、それも踏まえたうえでお願いいたします。
30,000円:「スポンサー」『YOBO FES』のスポンサーになっていただきます。貴社名をフェス専用ツイッターや宣伝に使うチラシなどに掲載させていただきます。

【銀行振込での支援について】
支援金の銀行振込をご希望の際は、下記の①~⑦をご記入のうえ、Fanfare事務局宛てにメールをお送りください。

Fanfare事務局:fanfare@medica.co.jp
メール件名:「YOBO FESプロジェクトを支援する」

①申込み氏名(フリガナ)、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤E-mailアドレス、⑥支援額(○○円)、⑦振込口座名義(申込み氏名と違う場合はご記入ください)

※銀行振込期限は、Fanfare事務局より振込銀行口座情報を返信してから10日以内となります(支援時期によっては期間が短くなる場合もございます)。

プロジェクト概要

知ることで、行動することで、防げる病気があります

『YOBO FES』は、予防医療を普及させるため、医師団と各分野のスペシャリストが集まった一般社団法人 予防医療普及協会が運営するオンラインサロン「予防医療を習慣化するサロン」のサロンメンバーによって立ち上げられたプロジェクト です。
オンラインサロンのメンバー

なぜフェスなのか?

予防医療にあまり関心がない方々や、健康であることが当たり前だと思っている特に若い世代の方々に対し、病を未然に防ぐことの大切さを伝えるためにはどうすればよいのかをプロジェクトメンバーで考えました。

そこで、若者に人気のあるアーティストを集めてフェスを行えば、関心を持つきっかけになるのではと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

1993年より毎年12月1日の世界エイズデーに開催されているチャリティーコンサート“Act Against AIDS”をイメージしていただければと思います。
協会顧問とサロンのメンバー

どのようなフェス?

まずは予防医療のことを考えて行動していただきたいので、検診を受けた方であれば誰でも、無料で参加できるフェスにしようと思っています!(具体的には、フェスの実施日から1年以内に健康診断あるいは検診を受けられた方です)

出演アーティストもこちらの想いに共感頂ける方々を集めており、現在すでに4組のアーティストさんに参加表明をしていただいております。 

また、ライブの合間には、医師による簡単な予防医療に関するミニレクチャーを行っていただいたり、相談ブースを設けたりする予定です(そちらも内容が決まり次第、当ページにてお伝えします)。

一方的に正しい医学的な知識をただ伝えるだけでは、病を予防するという習慣はなかなか定着しませんが、エンターテイメントの要素を取り入れることによって、より身近なものになるのではと考えています。

楽しく、かつ学びもあり、各々にとって有益になるフェスにしようと、2019年8月4日(日)の実施に向けて動いています。

出演して頂けるアーティストにつきましては、決定次第『活動報告』の欄に随時アップしていきますので、ぜひ定期的にチェックしていただければと思います! 

参加するには?

フェスの実施日から1年以内に、「健康診断」あるいは「検診」を受けられた方は無料で誰でも参加できます!

具体的な参加方法としましては、以下の2つよりお選びください。

・YOBO FESのツイッター専用アカウント(アカウント名@YOBOgadaiji https://twitter.com/YOBOgadaiji)のダイレクトメッセージ
・Eメール(メールアドレス: fes@yobolife.jp)

以上いずれかの方法を用いて、「➀氏名 ②健診や検診を受けた日付 ③検診内容」 の3点がわかるようにして、健診や検診表の画像を送ってください。健診や検診の内容を見られたくないという方ももちろんいらっしゃると思いますので、検査結果につきましては、ぼかしを入れたりして、そもそも映らないようにして画像を送っていただければと思います。

有効期間はフェス実施日から一年以内となります。

その他追加情報も随時アップしていきますので、少しでもご関心ある方はぜひTwitterのフォローをお願いいたします!

運営メンバー

冒頭でも説明したように、本プロジェクトは予防医療普及協会が運営するオンラインサロンから始まりました。予防医療を普及させる! これを実現させるために行動していきたいと熱い想いを持ったメンバーが積極的に動いています。看護師、薬剤師、フィットネスジム経営者、医学生など、それぞれ分野の垣根を超えて協力し合って進めています。
内藤 陽介(医療メディア運営)

予防医療というとなんか難しいイメージがあるかもしれません。もっと身近に感じてほしいと思い、フェスを企画しました!難しく考えず、気軽な気持ちできてほしいです!

小寺 裕之 (フィットネスインストラクター)

若いうちから健康に目を向けることが何よりの介護予防であり、予防医療だと思います。 YOBO FESは楽しみながら予防の知識を学べます。 「あの時に検査しておけば…」と気づいてからでは遅いのです。 「治療」ではなく「予防」を。一緒に楽しみましょう!

赤坂 英美(薬剤師)

病気になる前の予防医療って、何をしたらよいかわからない方もいらっしゃるかと思います。いつまでも元気で美しくいるために広く予防医療を知っていただきたいと思っております。よろしくお願いします。

松本 千慶(医学生)

病を未然に防ぐことの大切さを多くの方に知っていただき、予防に対する意識を高める良いきっかけになればと思います。ぜひ一緒に楽しみましょう!

平岡 史衣(看護師/介護予防インストラクター)

予防が大切なのはわかるけど何をしたらいいのかわからない!そんな人にもぜひ来てほしいです!楽しみながら病気の予防ができる新感覚のフェス!健康というのは本当にありがたいこと!みんなで健康最高と叫びましょう♪

鈴木 佑(〜ココロとカラダの『健幸』のお手伝いをする薬剤師:たすくん〜 いこいの薬局 旗の台店 代表〜)

〜「今、健康だし、元気だから大丈夫!」と思っているあなたへ〜 知ることで守れる命があります。あなたにとって大切な人が守れます。そして、あなたから予防を発信することもできます!ぜひ、あなたが「YOBO」のムーブメントを巻き起こしていきましょう!

協会理事・顧問コメント

村上 知(ちゅうりっぷ歯科 院長)

口の中の病気のほとんどは予防が可能な病気。 予防医療普及の入口は全身の健康にも直結するお口の健康からと考えています。予防医療普及を推進する予防フェスの活動を応援しています。

稲葉 可奈子(産婦人科医)

知ることで、行動することで、簡単に防げる病気がたくさんあります。元気な人にこそ知ってもらいたい。楽しいイベントで楽しく学びましょう!

鈴木 英雄(筑波大学附属病院つくば予防医学研究所センター 副センター長)

正しい知識でがんが予防できることを伝えたい、との思いで活動を始めました。一人でも多くの人に届くように全力で協力します。

支援金使用用途

・会場費
・機材費
・フェススタッフTシャツ製作費
・雑費等

会場費につきましては、東京都内で20万円前後の場所を探してます。機材については、当日フェスで使用する音楽機材のことです。また、一体感を出すためにもスタッフのオリジナルTシャツも作成したいと考えており、そちらの費用もこちらで集められればと考えてます。 


応援メッセージ

akimaluさん

予防医療が広まるように楽しいフェスになるように応援しています!

ちゅうりっぷ歯科さん

盛り上がるフェスになるように応援しております

Wellness Nurse 竹内ゆかりさん

予防医療を世に普及させ、未病促進に貢献したい!
医療メディア運営の内藤陽介さんはじめ、皆様方の素晴らしい活動を応援させてください。
心と身体は繋がっていて自然治癒力が備わっているため心理面からサポートし健康へと導く活動をしている「日本ナースオーブ Wellness Nurse」メンバーの一人です。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

ともさん

フェス頑張って下さい。

匿名医師2071900857さん

がんばってください

<予防医療×フェス> YOBO Fes!!