AoI Company ~産後ケアに革命を!ママパパのオンライン暖和室~

集まった支援総額:71,000円(税込)

3%
  • 目標240万円
  • 残り68

プロジェクトを支援する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

「支援」とは?-クラウドファンディングサイト「Fanfare」の仕組みについて-

【リターン内容】
1,000円: 御礼のメール
3,000円: 御礼の手紙
5,000円: 御礼の手紙/HP上に支援者としてお名前を掲載※1
10,000円: 御礼の手紙・赤ちゃんの写真付き※2/HP上に支援者としてお名前を掲載※1/産後ケア入会費の無料チケットを1枚進呈※3
30,000円: 御礼の手紙・赤ちゃんの写真付き※2/HP上に支援者としてお名前を掲載※1/産後ケア入会費の無料チケットを2枚進呈※3/ご希望の場所へ講演に伺いします※4※5
50,000円: 御礼の手紙、赤ちゃんの写真・ママのメッセージ付き※2/HP上に支援者としてお名前を掲載※1/産後ケア入会費の無料チケットを3枚進呈※3/ご希望の場所へ講演に伺いします※4※5/事務所開きのパーティーにご招待

※1HPへのお名前掲載は希望者のみ。
※2写真送付OKの方の赤ちゃん・ママのメッセージのみ
※3他の方へのプレゼントも可能
※4講演の際の交通費等は実費ご負担をお願いいたします。
※5講演のテーマはご希望にそってご相談させていただきます。


【銀行振込での支援について】
支援金の銀行振込をご希望の際は、下記の①~⑦をご記入のうえ、Fanfare事務局宛てにメールをお送りください。

Fanfare事務局:fanfare@medica.co.jp
メール件名:「オンライン暖和室プロジェクトを支援する」

①申込み氏名(ふりがな)、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤E-mailアドレス、⑥支援額(○○円)、⑦振込口座名義(申込み氏名と違う場合はご記入ください)

※銀行振込期限は、Fanfare事務局より振込銀行口座情報を返信してから10日以内となります(支援時期によっては期間が短くなる場合もございます)。

プロジェクト概要

はじめに

 私は幼い頃に母子寮に住んでいた経験があり、周りで起こっていたネグレクトなどを見ていました。看護師として働きはじめて循環器内科にいた頃、世の中では児童虐待のニュースが増え、「亡くなる命」と「亡くされる命」について改めて考えうちに、次第に児童虐待には出産が関与しているのではないかと思うようになりました。そして、産婦人科に異動しました。産婦人科では、虐待するくらい精神的に追いつめられる方は、「心から誰にも相談できない人」「頑張りすぎてしまう真面目な人」が多いのではないか、という仮説にたどり着きました。自らを追い込むことで産後鬱の発症や児童虐待につながるのではないか。助産師として今の私にできることは何かと考え、産後宿泊施設や電話サービス事業、産後訪問事業に従事した後、実際の子育て中のママ15名と、現訪問先の5名の話を元に、本事業の構想に至りました。皆さまの温かいご支援により事業を成長させ、家族が笑顔で暮らせる世のなかを目指すための第一歩を踏み出せたらと思います。

プロジェクト概要

 お腹で育てた子どもを虐待してしまう。それは、人生において一番の悲劇ではないでしょうか。加害者は母親が多いですが、その母親本人もまた幼少期に虐待の被害者であったケースも少なくありません。孤立・女性の社会進出・核家族化など現代の社会問題により生きづらくなった大人たちが児童虐待という悲劇を生んでいるのだと思います。
 では虐待をなくすために、私たちができることは何でしょうか。私は、赤ちゃんとその家族の最も近い場所に、対象者(ママ・パパ)のアセスメント技術を持つ医療者・子育て経験者の先輩ママがいて、地域で産後の伴走をしていくことが、虐待を防ぐ方法であり、今自分ができる最大限のことだと考えています。
 産後ケアは各自治体や施設で行っていますが、虐待は年々増加している現状があります。自治体でも相談事業を行なっていますが、気軽に相談できる場所として自治体を選択しない褥婦が多いことも現状です。また、医療者は病院にいるイメージがとても強く、自宅に助産師が行くと安心感があるという言葉も多くいただきました。現代ではスマホで調べればすぐに情報は得られる時代ですが、個別性のないもの、信憑性のないものも多く、ネット検索をするたびに不安になっているママの話をよく聞きます。そんなとき、自分と自分の赤ちゃんが理解されたうえでの受ける個別性の高いアドバイスは、ママにとってたいへん心強いのではないでしょうか。
 実際に、産後訪問をした方々に、「自宅で定期的に授乳を見てもらったのはありがたかった」「悩みを聞いてもらえたことで行き詰ることがなかった」「実際に繋がっていて安心感があった」と好評をいただいています。LINEプレ相談をさせていただいた方にも、「家に赤ちゃんと2人きりでいると半端なく孤独感が襲ってきますが、既読がつくだけで安心しました」と感想をいただいています。みなさん一貫して、「妊娠中はこんなにたいへんになると思っていなかった」という意見と、「産後医療者と繋がれる安心感が良い」という感想でした。

 平成17年の青少年白書によると、虐待が行われた家庭の状況の23.6%が孤立問題を抱えています。平成13年では16.7%であったことから、家庭による孤立は増えてきているのが現状です。
 そこで私は、産後の孤立を解消するために繋がりをつくることで、産後の家族が笑顔で暮らせる世のなかを目指せるのではないかと考えています。
 現代では、子育て中のママのほとんどがスマホを持ち、育児に関して検索をしています。たとえば赤ちゃんのミルクの量がわからなくなったとき「赤ちゃん ミルク」と検索します。そこで出てくるQ&Aやコラムは、その赤ちゃんとママのものではなく、教科書のような一般的なものだったり、一家庭の体験談であったりします。もちろんベースの考え方や先輩ママの教えはたいへん頼りになるものですが、たとえば自身の赤ちゃんが在胎週数37週0日、2,300gで陣痛から3日間かけて出産した38歳の初産婦だとしましょう。彼女と赤ちゃんに合った個別の情報を見つけることは、たいへん困難です。
 そこで、ママが検索するのではなく、私たちが出産時の情報を得て、私たちが個別のアドバイスをすることで、ママは検索による不安と手間がなくなり、プロの子育ての伴走者が付いているという安心感を得ることができます。これにより生まれた信頼関係は、産後の繋がりにも大いに役立つと考えています。実際、去年授乳相談を行った3名のうち3名とも母乳育児が成功し、そのママたちとは1年たった今でも交流があり、私の事業の強力なフォロワーになってくれています。また、LINEで相談を受けた九州在住の方とは、1年経過した今もなお、ときどき相談や雑談などLINEでやり取りをしています。

 最近では授乳方法が母乳のみで退院する方は少なく、十分に授乳が確立しないまま家庭で混乱しているママが多くいます。1週間に1回、1~2カ月のフォローがあれば納得のいく授乳方法を提案することができます。産後はホルモンの変化が激しく悩みが多いなか、支援者がすぐ近くにはいない現状があります。産後の授乳方法や気をつけるポイントなど、ママと赤ちゃんの個別性の高いプランを提供することで、育児期間を楽しく過ごせると考えています。
 私たちが提供するサービスは、産後の伴走者となるために「SNSでの相談」「産後訪問」「Webコンテンツでの情報配信・コミュニティー作成」であり、Webコンテンツを使用することで、妊娠中から出産後の繋がりをつくり家族が笑顔で暮らせる世の中の実現に向かいます。

 私が考えているビジネスモデルは下記の通りです。

  1. 収入は実際にサービスを利用する方からの実費
  2. 体験型ギフトの『Sow Experience』や出産祝いサイトに掲載し、祖父母からの出産祝いとして
  3. 企業の福利厚生の一環として
  4. 継続的な支援を目指すため、『Goodmorning by CAMPFIRE』にて毎月のフォロワーを確保(予定)
  5. クラウドファンティングで得た資金で1年間SNS無料相談を行い、サービス利用者の母数を確保したうえで自治体に資金調達の申請をする予定。

※『Goodmorning by CAMPFIRE』は、「社会にいいこと」に特化した月額制のクラウドファンディングサービスで、継続的な活動の支援を受けることができる。

 今回、初回スタート時のSNSの相談費用を実質ゼロ円にするために、「SNS運営費」をクラウドファンティングしたいと思います。

 この事業を私一人で行うわけにいかないため、全国の潜在医療者に呼びかけをします。育休中や産休中のママ、子供が生まれた後病院に戻りたくはないけど人の役に立ちたいと思っているママたちを発掘し、病院以外で医療者が家庭に関われる機会を作ります。本事業を行うことで、悩んでいるママパパを助けるだけでなく、潜在医療者の発掘・雇用し産後のご家族を支援することで、家族が笑顔で暮らせる世のなかを目指していきたいと思います。

支援依頼金額内訳

▼SNS運営費用:196万190円/年
 ①SNS月極料金:1,176,000円/年
  980円/月×20件×12か月×5人 
    (5人=医療者と先輩ママ)
  ②システム設計費用:720,000円/年
    30,000/月×12×2人
  ③システム管理料(Kintone 7人*使用):64,190円/年
    9,170円×7人

▼法定福利料(情報漏洩保険):210,000円/年
  30,000円/年/人×7人

▼スマホ機種代金:166,320円/7台
  33,264円/台×5人

▼携帯通信料:17,990円
  2570円/台×7人
  *(7ユーザー:医療者3人、先輩ママ2人、SE2

活動報告

御支援者の方々へ、御礼

こんばんは。
AoI Company代表の奥村葵です。

この度は、本プロジェクトにご支援いただき、誠にありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

現在クラウドファンティングをはじめて3日目ですが、多くの方々から応援のメッセージとご支援をいただき、大変嬉しい限りです。また、Facebookでのシェアで拡散していただき、活動をたくさんの方々に届けられる喜びを感じております。
引き続き応援していただけましたら幸いです。

皆様お一人お一人のご支援が、笑顔の家族を増やします。
本当に、どうもありがとうございます。

応援メッセージ

ますたにさん

微力ですが、活動応援しています!!

亜美さん

ささやかですが応援します♡私も夫と開業した時はワクワク、そして不安がいっぱいでした!
諦めず、患者さんに誠実に寄り添っていく毎日を送れば、必ず想いは届くと20年経った今実感してます。
葵ちゃんも頑張って♡もしも挫けそうな時はこんな私でよければ話聞くよ!体調気をつけてね♡

ひでぴぃさん

葵ちゃん、
頑張れ(*^_^*)

あっちゃんさん

葵ちゃん、虐待ゼロの世のなかを目指すのまずは日本からかな?応援しています☆FIGHT☆

葵ちゃんさん

この事業!楽しんで行こう❤️
いつも、ありがとう。

むねさん

同じTSG通過者として、具体的に行動されてて刺激を受けました。微力ながら支援させていただきます。

ばっしーさん

葵ちゃん、頑張ってね!応援してます。一人でも多くのヒトに葵ちゃんの想いが届きますように!

ふくだみちこさん

出逢えた記念に、気持ち付けときました^ ^
頑張ってね♪

AoI Company ~産後ケアに革命を!ママパパのオンライン暖和室~