「ブラインドメイク」を世界に広げよう! プロジェクト

フランスで開催される化粧品イベント「MakeUp in paris」で「ブラインドメイク」を実演し、世界の人に知ってもらいたい!

集まった支援総額:100,000円(税込)

6%
  • 目標180万円
  • 残り61

プロジェクトを支援する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

「支援」とは?-クラウドファンディングサイト「Fanfare」の仕組みについて-

【リターン設定】

3,000円:感謝の気持ちをメールでお届けします
5,000円:感謝の気持ちをメールでお届けします
10,000円:感謝の気持ちをメールでお届けします
30,000円:感謝状の授与/フランス・パリでのイベントの様子を撮影したWEB動画
50,000円:感謝状の授与/フランス・パリでのイベントの様子を撮影したWEB動画
100,000円:感謝状の授与/「ブラインドメイクを世界に広げよう!」PRサイトへお名前掲載/プリンセスネットラジオ(視覚障害者主催)出演権利
PRサイト・プリンセスネットラジオについてはこちら
500,000円:感謝状の授与/「ブラインドメイクを世界に広げよう!」PRサイトへお名前掲載(上記10万円より大きく掲載します)/               報告会(関西地域開催予定)ご招待
*不参加の場合は報告会の様子を撮影したWEB動画 *交通費自己負担
1,000,000円:感謝状の授与/「ブラインドメイクを世界に広げよう!」PRサイトへお名前掲載(上記50万円より大きく掲載します)/                報告会(関西地域開催予定)ご招待
*不参加の場合は報告会の様子を撮影したWEB動画 *交通費自己負担


【銀行振込での支援について】
支援金の銀行振込をご希望の際は、下記の①~⑦をご記入のうえ、Fanfare事務局宛てにメールをお送りください。

Fanfare事務局:fanfare@medica.co.jp
メール件名:「ブラインドメイク パリプロジェクトを支援する」

①申込み氏名(ふりがな)、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤E-mailアドレス、⑥支援額(○○円)、⑦振込口座名義(申込み氏名と違う場合はご記入ください)

※銀行振込期限は、Fanfare事務局より振込銀行口座情報を返信してから10日以内となります(支援時期によっては期間が短くなる場合もございます)。

プロジェクト概要

はじめに

 私の人生の光となっているものが3つあります。それはトロンボーンと盲導犬、そして「ブラインドメイク」です。

 「ブラインドメイク」は、視覚障害者が自分自身で鏡を見ずにメイクアップを行う技法です。「ブラインドメイク」の技術を習得することにより、視覚障害者の皆さんの生活の質の向上を目指しています。私も「ブラインドメイク」と出会い、人生が大きく変わった視覚障害者の一人です。

 トロンボーンソリストとして、盲導犬とともに各地で演奏活動を行ってきましたが、舞台に立つという職業柄、メイクは欠かせませんでした。しかし、おしゃれには無関心で、いつも母にやってもらっており、メイクは「義務」でしかありませんでした。「ブラインドメイク」を習得したことで、自分でメイクができるようになると、毎日お化粧することが楽しくて、その時間が一日の中でも特別で大切な時間に思えるようになりました。お化粧道具を自分で選ぶようにもなりました。一般の人が当たり前のように楽しんでいるメイクの世界を、初めて知ることができたのです。また、「ブラインドメイク」は、お化粧の楽しさを教えてくれただけでなく、私に視覚障害者の私ではなく、女性としての私に出会わせてくれました。自分できれいにメイクができると、自信を持つことができ、自然と相手をしっかり見て、明るく接することができるようになりました。

盲導犬のアリエルと

「ブラインドメイク」で、世界中の視覚障害者を笑顔にしたい!

 この体験を、音楽の楽しさとともに、日本にとどまらず、海外にも伝えていきたいと考えていたところ、「ブラインドメイク」考案者の大石華法先生と一緒に、オランダで行われる国際ロービジョン学会で「ブラインドメイク」について発表する機会を得ました。大石先生による「ブラインドメイク」についての発表は、それまで少し緊張気味だった会場の空気を変えました。「ブラインドメイク」のデモンストレーションの映像には、会場の誰もがくぎ付けになり、関心を持ってくださいました。発表の最後に、当事者の私から「ブラインドメイク」による気持ちの変化についてお話させていただくと、大きな拍手を送ってくださいました。「ブラインドメイク」が多くの国境を越えた瞬間に立ち会うことができ、この「ブラインドメイク」で、世界中の視覚障害者が心からの笑顔で社会参加できる日も、そう遠くないと確信しました。

 この体験は、「ブラインドメイク」に出会って人生を取り戻した 7人の 視覚障害者の体験談を集めた書籍 『ブラインドメイク物語』という本に、執筆者の一人として書かせていただきました。

中国・天津で、視覚障害者同士の交流会を開催

 昨年、この「ファンファーレ」にて、中国・天津で、視覚障害者同士の交流会開催を目指すプロジェクトの立ち上げメンバーに加わりました。「ブラインドメイクを世界に広げよう! プロジェクト in 天津」は、おかげさまで目標資金を集めることができ、交流会を開催することができました。天津の盲学校の学生との交流や、「ブラインドメイク」講演会を通し、中国の方々へ、「ブラインドメイク」を知っていただく機会を得ることができ、また、実際に当事者が行うデモンストレーションを間近にご覧いただいたことで、多くの方の関心を集めることが出来ました。

■「ブラインドメイク」講演会in天津 ご報告

http://www.blindmake.com/activity/278/

中国・天津でのデモンストレーションの様子
左から2番目が私です。

コスメの本場フランスで「ブラインドメイク」を実演したい!

 その反響は大きく、NHKワールド JAPANをはじめ、さまざまなメディアで「ブラインドメイク」を取り上げていただきました。この活動を知った日本色材工業研究所様より、2019年6月20日・21日にフランスのパリで行われる「MakeUp in Paris」に出展する自社のブースで「ブラインドメイク」を披露してみないかとお声を掛けていただきました。「MakeUp in Paris」は世界中のコスメ関連企業の集まるイベントです。このまたとないチャンスを生かし、コスメの本場フランスで「ブラインドメイク」を実演し、世界の方々へ知っていただければと思っています。

 また、視覚障害者にとっての文字である点字が生まれたのもフランスです。点字の父である、ルイ・ブライユ生誕の地を訪れ、現地の盲学校の学生との交流を通し、フランスと日本の視覚障害事情について、より理解を深め、親睦を深めたいと思います。

 ただ、「MakeUp in Paris」には招待されたものの、渡航費等は個人の負担となります。そこで、天津でのプロジェクトを成功させることができた「ファンファーレ」で、再びその資金を集めたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。ご支援のほど、よろしくお願いします。

■メディア掲載

http://www.blindmake.com/info/

■MakeUp in Paris

https://makeup-in-paris.com/

プロジェクトチームメンバー(視覚障害者)からのメッセージ

 私たちは、皆、視覚障害当事者(身体障害者手帳1級)です。私たちのように視覚に障害があると、鏡を見ることが困難になることから「化粧ができない」「(自分が)見えないので化粧をしても仕方がない」と思い込み、化粧をあきらめている人が多くいます。また、晴眼者(見えている人)のなかには、視覚障害者には化粧の話はタブーだと思って、私たちの前では化粧の話をしない人が多いです。

 視覚に障害があっても女性である以上は「綺麗になりたい」「化粧がしたい」「可愛い・綺麗と思われたい」などの願いは当然もっています。そんな思いを実現させてくれたのが、「ブラインドメイク」でした。自分の手と指を使って左右対称に同時に化粧をする化粧法です。この斬新な化粧法により、私たち視覚障害者は鏡を見ないで他の方の援助を受けることなく化粧(フルメーキャップ)が出来るようになりました。それは、私たちの大きな自信となり、自主性や積極性も芽生え、あきらめていたことに再挑戦する意欲も出てきました。また、オシャレも楽しむ。本来の自分自身にある輝きを、内面からも取り戻すことができるようになっています。

◇『ブラインドメイク物語』執筆者からの動画メッセージ◇
https://caremake.or.jp/koho_press/houdou/20171003

必要経費

①交通・宿泊費 120万円:旅費・宿泊費4名分/空港使用料4名分/海外旅行保険4名分

②同行者人件費 30,000円:2名×4日分

③日本でのPR・報告会費 40,000円:報告会会場費・交通費など

④広告宣伝・通信費 150,000円:チラシ・報告書・送料・電話代/名刺作製・コピー用紙ほかなど

⑤その他経費 56,000円:お礼状・盲学校との交流会経費など

⑥クラウドファンディング手数料 324,000円:達成金額の18%

開催概要

■開催日:2019年6月20日・21日
■場所:フランス・パリ ルーヴル美術館内

■人数構成:視覚障害者2名/介助者(化粧訓練士)2名

イベント内容(予定)

・開催2日間で、午前と午後に1回づつ、計4回プレゼンしたい。 スピーチ+実演で1時間ほどを予定。

・自由に観覧できる、講演会式(椅子あり100名ほど)を希望。

〈イベントの目的〉
・当事者でないと伝えられないブラインドメイクの素晴らしさを直接伝える
・広く世界の人たちに日本発のブラインドメイクを知ってもらう
・ブラインドメイクの技法だけでなく、その所作(日本人ならではの美しい動き)、それに関わる当事者からの体験などからも、このメイクの特徴と可能性を感じてもらう                                                                       ・日本ケアメイク協会が認定している「化粧療法士」という資格を、今後日本で国家資格にするべく活動中(約6年後を目標)。今後、海外でも同様の資格を作りたいと考えており、その足掛かりにしたい
・現地の目の不自由な人たちにメイクができる喜びと感動を感じてもらう                                                                       ・私も開発に携わった、視覚障害者が作る誰もが使いやすいユニバーサル化粧品をここで使用し、海外の方に知ってもらい、障害者の雇用拡大につなげたい                                ・「ブラインドメイク」技法、化粧療法士資格を、日本発信として世界から日本へ学びに来てほしい。



応援メッセージ

ぶっちゃんさん

成功を祈ります。

「ブラインドメイク」を世界に広げよう! プロジェクト